赤帽 引越し先

子供がいる家庭に向かない引越し先

 

家族持ちの人間が避ける引越し先の特徴まとめ

 

 

子供がいる家庭に向かない引越し先

 

独身時代、赤帽で引越しをし、その先で縁があり結婚しました。

 

子供が産まれて、子供中心に考えてしまうので、やはり子育てしやすい所に住みたいと思います。

 

車が多く通る場所や、人通りが少なすぎる場所など危険が多い所はなるだけ避けたいです。

 

車が多く通る場所は、子供が事故に巻き込まれる危険と排気ガスが気になるので避けたいと思っています。

 

人通りが少なすぎる場所は万が一、行方不明などにあった場合や何か危険に巻き込まれた際に目撃者が多くいれば早く回避できますし

 

人通りが多い場所ならそのような危険に巻き込まれる心配が無いからです。

 

 

アート・赤帽等を使い、色々な地域に引越した事がありますが、以下に当てはまる所は避けた方が良いと思います。

 

治安が良くない。

 

夢の無いところ。

 

たばこ臭いところ。

 

仕事場が遠いところ。

 

治安が良くない。

 

家賃が高い割に交通の便が良くない 。

 

家賃が高い割に交通の便が良くない。

 

治安が良くない 。

 

治安が良くない。

 

中途半端な盛り場。

 

治安が良くない。

 

他よりなにより治安が良くないところには住みたくありません。

 

物騒な所に住んでちゃ心が落ち着きません。

 

結論を言うと、物騒で治安が良くないところには絶対何があっても住みたいとは思いません。

 

 

 

子供がいる家庭に向かない引越し先

 

交通の便が悪くて、通勤に1時間30分以上かかるところ。

 

虫が苦手だから田舎すぎるところは住みたくないなと思う。

 

近隣の家の1つ1つが遠いとなかなか交流とかができないと思うから、遠くても50メートル以内にお隣さんとかがいてほしい。

 

雪が多いと雪かきや水道の氷結対策などが大変だから豪雪地帯にはあまり住みたくない。

 

挨拶や交流の場は大事だと思うから、近所でも挨拶しなかったり住民同士でのふれあいの場が少ないところは住みたくない。